トップページ > お知らせ > 市営バス運行案内システムの実証運用を開始します

市営バス運行案内システムの実証運用を開始します

平成21年4月2日に宇部工業高等専門学校と共同研究契約を締結し、バス利用者がバス停のQRコードや、バスの車内と市内公共機関等に設置するチラシを使って、携帯端末やパソコンから、利用区間に応じた時刻表、路線、乗継が検索できるシステムを構築したので、実証運用を行います。

これにより、時刻表が手元にない場合やバス停でどの路線に乗れば最短時間で目的地まで到着することができるかなど、利用状況に即した情報提供ができるようになります。

学術機関との連携によるシステムの導入は、県内初です。

運行案内システムURLubebus-timetable.jp/

アクセス用QRコード

ubebus-timetable.jp QR_Code.jpg

後援:中国運輸局山口運輸支局、山口県バス協会

ページトップへこのページのトップへ