トップページ > お知らせ > サルビアハート号(大型観光リフト付きバス)を導入しました

サルビアハート号(大型観光リフト付きバス)を導入しました

 宇部市交通局では、この度、車椅子を使用のままバスの乗降を可能とするリフト付き大型貸切バス「サルビアハート号」を導入しました。
 サルビアハート号には、聴覚障害者用の補聴器を補助する磁気ループも配備し、今秋から、高齢者の方をはじめ全ての方にやさしい観光バスとして、楽しい旅をサポートします。

車種

大型観光リフト付バス(全長11.99m、全幅2.49m、全高3.52m)

乗客定員

50名

特徴

車椅子使用の乗車は最大2名(この場合、乗客定員は44名)

sarubiaha-to20150930.png

ページトップへこのページのトップへ